建築費の適正価格を目指して

予算が少ない施主さんにお勧めしたい建築費を節約する仕組みが、オープンシステムです。
一括請負の工務店などと比較すると10%~15%ほど節約できるケースもあります。
2,000万円の建物だと約200万円。ざっとコンパクトカーの新車が買えてしまう差額になります。

あなたが主役のオープンシステム

設計や施工をすべて工務店にお任せし、依頼主は「ベルトコンベア」に乗せられたまま進む、という家づくりが現在の主流です。でも、この方法で依頼主が本当に建てたいと思っている家が実現するかどうか、ちょっと不安を感じるという方もおられるのではないでしょうか。また、建築家に頼むとコストがちょっと…と心配にもなりますね。

工務店とオープンシステムの比較

工務店への発注方式

そこでご提案したいのが、3の方式。これは、依頼主が建築家のサポートを受けて専門業者を選定し、個別に契約するもの。依頼主が「工務店」の役割を果たすことになるわけですから、意向が直接現場に届き、希望に沿った家づくりができるはずです。しかも、直接発注だからコストも削減!分離発注方式の「オープンシステム」は、そんな発想から生まれました。工務店に頼らなくても家は建つ。従来の常識を超えた発想で、私たちイエヒトと一緒にあなたの思い描く家を創ってみませんか?

オープンシステム方式

建築家(設計事務所)に工事全般の監理業務を委託。そのうえでそれぞれの専門業者と依頼主が建築家のアドバイスを受けて直接契約するため、管理費や経費が上乗せされることはありません。

オープンシステムでは工務店が上乗せしていた管理費や経費がなくなり、建築家に支払う設計監理費に一本化されますから、工事費用そのものが大幅に削減できます。

建物の特徴工業化志向、合板やビニルクロスが多いエコ志向・自然志向、
無垢の木材や塗り壁が多い

比較項目 従来の工務店発注方式 オープンシステム方式
工事の契約関係 依頼主と工務店が一括契約 依頼主と専門工事業者が個々に契約
建築の主導権 工務店主導で進む 依頼主主導で進む
建築家の立場 工務店の社員として会社の利益を優先 依頼主のパートナーとして、依頼主のために行動
専門業者の立場 工務店と契約するので、下請業者 依頼主と契約するので、元請業者
業者倒産リスク 多くの下請け業者が工事代金を受け取れず、工事続行が不可能になる場合が多い 一部業者が倒産しても工事代金の過払いは発生せず、倒産した業者の入れ替えで工事を続行できる
地域性 日本だけこの方式に偏っている 欧米では珍しくない方式
時代性 閉鎖的で古い体質 透明性の高い新しい方式

ムダが削れる、価格が見える

消費者が農家から野菜を直に買うのと同じように、依頼主が大工や設備などの専門業者と直に契約を結ぶのがこのシステムの最大の特徴。基礎をつくる職人も、壁を塗る職人も、電気の配線をする職人も、すべての職人の顔が見えるから安心です。従来のハウスメーカーや工務店の元で、見えないところで使われていた間接経費がすべてゼロに。その浮いた費用で家具を購入することも、あるいは更なるグレードアップに使うことも可能です。

使うべき部分に予算が使える

価格が明確になるので、建築家と相談して、どこにどれだけのお金を使うか、予算の配分がとてもすっきりします。また、ムダに高い素材を使うこともなく、下地材と仕上材を兼用したり、依頼主が自ら施工に参加したり、いろんな工夫でコストを下げることも可能です。逆にその分、依頼主が思い入れのある場所や、ここにはこだわりたい、といった部分にドンと予算を充てることも可能です。

いくつもの眼が、品質を支える

生をそこで過ごす場所だけに、住宅の品質は見逃せないポイント。設計で品質が確保されていても、設計図面どおりに工事が行われなければ品質を満たすことはできません。 そこで重要なのが工事の検査。オープンシステムの工事では、建築家が行う検査として木造住宅で38工程167項目を設定しています。そのうち16工程92項目の検査については、建築家が依頼主へ書面で報告します。 価格だけでなく、あらゆる面でずいぶん風通しが良くなるのがオープンシステムの良いところです。

PAGE TOP