あんど設計が目指す
理想の家は健全な住まい。

私たちは家づくりの先にある「日々の暮らし」を大切にした家づくりを心がけています。
建物ばかりに気を配るのではなく、土地の性質や周囲の環境を見極め、
できるだけ自然に寄り添う住宅を計画し、空気が循環する工夫で光熱費がかからず、
本格的な自然素材の空間に住むことによって、病気になりにくい健康的で家族の笑顔が絶えない住宅を建てたいと考えています。

あんど設計が目指す健全な住まいとは?

「健全な住まい」このように言葉にしてしまえば実にカンタンにまとめることができますが、いざマイホームを建てると決意し、土地を探して設計をして、大工さんが家を建てて住むまでの過程には、それはそれは複雑で様々な要因が絡み合ってきます。

土地選びは土地選びのプロに、建築は建築のプロに依頼。このようにその道のプロに個別に相談することが理想の家づくりの第一歩と考えるお客様が多いと思いますが、あんど設計では、いざ決意したその時から土地選び、設計、自然素材の選定、資金管理など、家づくりの全てをワンストップでフォローさせていただきます。家の質はほぼ土地の質に左右されます。特に土地選びについては積極的に関わらせていただけると理想の家づくり。

住宅デザインについて

あんど設計の提案する住宅デザインは、住居として単純明快で最もシンプルな切妻造りの屋根がベースの三角屋根の家。古来から現在まで、日本からオーストリアのチロル地方まで、世界中で広く採用され人々に親しまれてきた三角屋根の家は、そのデザイン的なメリットだけではなく、シンプルな構造ゆえにゴミになる余剰建材が出にくく、大工さんの工数もかからないので建築費のコスカットにも貢献します。

心地よい風と質の良い空気を感じる家

朝目覚めたら窓を開け新鮮な空気を取り入れる。暑い夏でもすーっと風が通り抜け、自然の涼しさを実感する。あんど設計の家は自然の力を利用し快適に過ごしていただける工夫が施されています。これまで喜んでいただいたケースも多く、エアコンが嫌いな人、エアコンに頼りたくない家族の暮らしを応援してきました。電機代も省エネ家電を買うよりも断然お得です。
「質の良い空気」は無垢のぶ厚い木を贅沢に使い、本格的な漆喰を組み合わせることで生まれてきます。化学物質過敏症が起因で相談いただいた家族も多く、今では自然素材の良さを実感されているというケースもあります。
これから何十年と住む家、石油由来の建材の中で生活するメリットもありますが、自然由来の建材に囲まれて暮らす価値は十分にあると考えています。

安心安全で、家族が快適に過ごすために

あんど設計の見学会やセミナーでは、写真のように手で触り、触感だけを頼りに自然素材を比較していただきます。左手は大手メーカーの化学物質系の複合床板材、右手は檜(ヒノキ)板で無節・無垢の床板材となります。

すぐ実感するのは温もりの違いです。右の素材に五感で意識を向ければ、響きや音、香りや堅さ、1枚1枚に個性を感じますが、左の建材は見た目以外のプラス要素は見当たりません。ここで考えてみてください。あなたはどちらの家に住みたいですか?

素材選びは家づくりの大事な大きな岐路になります。家族の健康にとっても重要な要素です。自然素材の家に住む選択をされた方は是非お気軽にご相談ください。

PAGE TOP