2人暮らしにちょうどいい

断捨離=小さい家に住み替える選択

子供たちは巣立ち、がらんとした子供部屋は今では物置。家の老朽化とともに不要なモノもどんどん増えていき、毎日が息苦しく窮屈な暮らしは嫌ですよね。 最近シニアの間で流行っている断捨離”は、物に支配されず気持ちも軽やか、いい気分で過ごせるという意味ではとても健康的な活動だと感じられます。老朽化してきた戸建てが2人では広すぎる。マンションに引っ越そうと考えている。そんなご夫婦にぴったりなプランがこの「小さくてちょうどよい家」です。
小さな土地でも庭を確保して広く暮らせる間取りの工夫、確かな目利きで厳選した自然素材をふんだんに取り入れ、窓をあければ風が吹き抜ける健康的で気持ちの良い家。あんど設計の集大成とも言える「ちょうどよい家」を是非ご覧ください。

デザインがちょうどよい

住居として、単純明快で最もシンプルな切妻造りの屋根を持つ三角屋根の家。

自然素材の快適空間

肌に触れる室内の素材は全て自然素材の標準仕様。住まう人の健康を考慮し、有害物質は一切使いません。

土地選びからサポート

建物以上に重要な土地の性質。より快適に暮らしていただく為のサポートは惜しみません。

三角屋根のシンプルデザイン

家らしい形を求めてたどり着いた三角屋根

三角形と正方形を重ねて、窓や煙突を付けた子供の絵のように、家は家らしい形であってほしい。そんな思いからシンプルな形の「三角屋根の家」を採用しています。最頂部から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の屋根を持つデザインが家の存在感をより引き立たせます。

シンプルな構造だから、エコで財布にやさしい

変則的な形の建物は、複雑な構造を持つが故、ゴミになる余剰建材が出やすく、大工さんの工数も増えてしまい、建築コストがかかってしまいます。デザインも構造も可能な限りシンプルにすることで、エコでお財布にもやさしい家づくりを実現しています。

日本建築の良さを取り入れた長い軒

広島の四季を快適に過ごす工夫として長い軒を採用。夏は直射日光を防ぎ、軒下にできる日陰が外気の熱気を和らげてくれます。冬は長い軒が雨や雪を遠ざけ、軒下の空気が緩衝材のような役割を果たして冷気を和らげてくれます。

自然素材の快適空間

人が生きる室内空間はホンモノの自然素材であるべきだと考えています。
化学建材の合板床板は使用せず、夏冬の温度や湿度の調湿を行う無垢の木を採用し、
ビニールクロスも一切使わない、接着の有害なボンドも使わない、
アレルギーや化学物質過敏症の恐れのあるものを徹底的に排除した、対シックハウスの安心な住宅です。

お客様の条件に合わせた自由な間取り

「ちょうどいい家」平面プラン

「ちょうどいい家」は、お客様のご要望、方角や土地面積に応じてプランをカスタマイズする半自由設計のプランとなります。
定年退職後の団塊世代の方、20代で家を建てる方、お子様のいるご家族まで、親切丁寧な対応でお客様のニーズに合せた柔軟な家づくりに対応していきます。

プランA:敷地の狭い方、シニア夫婦の2人暮らしにちょうどいい
プランB:ファミリー層にぴったりの3LDKタイプ

標準仕様

玄関ポーチ床仕上 石段:天然石積 下駄箱
石張:400×400
テラス床仕上
ウッドデッキ
モルタル(又は石敷き)
ヒバ 120×25
テラス床仕上
ウッドデッキ
モルタル(又は石敷き)
ヒバ 120×25
屋根
陶器瓦(棟換気)/S型または南欧風瓦
ガルバリュウム半丸、堅樋同半丸
外壁 ALC t35 吹付仕上 / 瀬戸漆喰(木ヅリ下地) / 木製板張り(杉素地又は焼杉 t10) / ガルバリュウム張 ダイライト9下地 断熱 ウールブレス60
遮熱シート+ウールブレス
開口部 LIXILアルミサッシ/網戸/木製窓
自然換気ガラリ
軒天井 杉板素地化粧
破風(いろは塗)
内部 床 杉板t12+捨板杉t30 素地 内部 幅木 杉板 t60 素地
内部 壁 杉板t15または薄塗漆喰仕上(仕様・色多数)
ルナファーザー下地
内部 天井 化粧野地板(杉)素地
換気棟(通気)+通気層+野地板(断熱+遮熱シート)
流し台 既製品 または 杉板手作り、ホーロー流し台
ステンレスフード、吊戸棚
トイレ 床・腰壁 : 杉板
壁・天井 : ルナファーザー+粘土塗料
手洗付便器
ユニットバス ユニットバス(サーモバス・湯はり仕様)
手造りバス(ホーローバス・湯はり仕様)
プロパンガス ガス給湯器24号
冷暖房設備 暖房:薪ストーブ、背面レンガ壁
冷房:AC6帖、風の循環機
インターフォン TVドアフォン(カラー)、TVアンテナは別途
照明器具 基本的にLED ※居室は別途
PAGE TOP