「自然な家」の話

私が過去に設計したお宅が床下浸水に遭われ、その復旧工事の休憩中に「自然な家」の話に花が咲きました。

外は炎天下でしたが、リビングの窓は開け、風を通し、扇風機一つ回しただけでしたが、普通に快適でした。

左下に薪ストーブがあるのですが、見上げると吹抜で、お客様曰く「冬も、この吹抜が本当にいいですよ」と悦んでいただいていました。

玄関に入った瞬間から、このように木と塗壁の空間で、断熱材は炭化コルクを全室に採用したお住まいです。

関連記事

PAGE TOP