ちょうどいい家について

自分が本当に住んでみたい「自然素材の家」はいくらの予算で建てられるのか?そんな疑問から「ちょうどいい家」が生まれました。

私が住んでみたいのは、本格的な木と漆喰の家。夏は涼しく、冬は体の芯から暖まる、そんなムダのない小さな家です。小さい家なら土地が広くなくても、家庭菜園や趣味に活かせる庭が作れます。

小規模な家ほど坪単価は高くなるので原価を抑える努力をしてみました。冷暖房に頼らず健康的に過ごせる家であれば、光熱費も抑えられます。

「ちょうどいい家」は過去に私が作り、好評だった家の改良版です。吹抜のある大空間や屋根裏風の間取りは個性的で様々な使い方ができると思います。皆さまに「ちょうどよい」と感じてもらえる家が仕上がりました。

関連記事

PAGE TOP