自然な家づくりの長短

自然素材空間は、化学建材空間と違って、夏冬の湿度が適湿に向かって変化します。木の無垢材に、多少の狂いが出るのは、木が常に動いている生きている証です。

木と一緒に暮らすという意識とゆとり余裕を持っていただくことが、自然素材の家を楽しむひとつのコツために必要なことなのかもしれません。

表面に膜を張る塗装をすれば、きれいでほとんど変化もない代わりに、塗装被膜の下の温もりも感じません。(浸透式の自然な塗料なら感じます)自然素材であれば梅雨時期には湿気を吸い、冬には湿気を吐いて、自然調湿します。空気の浄化、保温性、香り、触感など五感にやさしい良さの反面で、傷もつきやすく、経年による変色もありますが、自然な良さとして、愉しんでいただける方々に取りましては、本物の快適さにもなると思います。

自然素材や化学建材によく観て、触れて、比較して、悔いを残さない選択

化学建材の合板床板は、きれいに塗装されて、どの板も同じように均一なきれいな木目です。欠けたり、反ったり、収縮もすることなく、掃除も便利ですが、しやすく、触ったて感覚は、温もりのないみても塗膜です。触れている感覚です。

ほとんど温度も感じません。大工さんもそのまま張る手間も簡単です。何も手を加えることなく、直ぐに床に張れます。工事も暮らしの上でも便利です。但し、経年変化は不自然で、表面的な修復はできません。静電気を発生するので埃が立ちやすい。暖房すると化学物質は噴き出します。さらに、大きな欠点は、夏冬、梅雨時期の調湿が全くできないことです。エアコンや除湿機や加湿器で調整するしかなくて、ありません。

自然素材と化学建材比較、自然換気、空気の質体験は、数分もあれば全て叶います。気軽にご体験ください。

関連記事

PAGE TOP