自然と向き合えば、小さいだけがベストではない

一見小さい建物だけが環境に調和的で、1番のお勧めのように感じるかもしれない。

トータルコストで言えば最小規模ほど環境にあたる負荷も少なく、何よりも全体的なムダは少ない。

しかし物理的に広い規模が必要な場合はそれ相応の調和になればこの上なく、むしろ複数造るよりも地域的にみるとメリットや独自の調和も考えられる。

できるだけ自然と向き合って、ニーズに沿って考えたいものです。

関連記事

PAGE TOP